夫婦

虫の体で成長したキノコ

希少性とハウス栽培

男性

冬虫夏草にはスタミナをアップさせる効果があるため、中国では古くから、長生きすることを求める権力者たちに珍重されていました。冬虫夏草は、品質の良いものは、ごく一部の高山地帯でしか取ることができませんでした。しかも深い雪をかきわけて探す必要があったので、そのため希少性が高く、そのことが一層価値を高めていたのです。しかし現在では、世界の多くの地域でハウス栽培されるようになっています。育ちやすい環境を整え、衛生状態に気をつけて栽培されているので、品質の高さから注目されています。そかもそのエキスを抽出して作ったサプリメントなどの健康食品も、広く販売されるようになっています。以前は一部の権力者しか手にすることのできなかった冬虫夏草ですが、今後は世界中の多くの人々が健康に役立てるようになると予想されています。

含まれている栄養分

冬虫夏草は、虫の体に入り込んだ菌が、その虫を栄養分とすることで成長するキノコです。冬の間は、菌は虫の体でゆっくりと成長していき、暖かい時期になるとその体からキノコとして出てくるので、冬虫夏草と呼ばれているのです。虫の栄養分とキノコの栄養分の両方が含まれていることが特徴で、そのため摂取により、効率よく栄養補給をすることができます。具体的には、アミノ酸やカルシウム、亜鉛や鉄分などが含まれています。これらには、筋肉や骨を丈夫にしたり、疲労を回復させたりする効果があります。さらに食物繊維の一種のβグルカンも豊富に含まれているのですが、これにはガン細胞の増殖を抑える力があります。また、感染症や肥満の予防効果もあるとされています。