夫婦

虫の体で成長したキノコ

男性

冬虫夏草は、希少性の高さから権力者の間で珍重されていましたが、現在ではハウス栽培もされています。健康食品にも加工されているので、多くの人が利用することになると考えられています。虫から成長するキノコで、栄養価が高く、摂取によりスタミナアップ効果や、ガンや感染症の予防効果などを得ることができます。

詳細を確認する...

フリーラジカルに対抗する

サプリメント

フリーラジカルが細胞膜等に酸化を起こし、その結果老化の原因になると考えられています。体内ではフリーラジカルの消去酵素が活躍していますが、紫外線やストレス等でフリーラジカルが増えてくると対応できなくなるのです。そこで、抗酸化作用が期待できるサプリメントを利用すると良いのです。

詳細を確認する...

中高年だけじゃない

男性

痛風は贅沢病とも言われています。しかし、食べ物だけが要因ではなく、毎日の生活習慣が原因のケースも多いため、一概に「良いものを食べすぎだ」と決めつけるべきではありません。毎日の生活をちょっと変えるだけで、予防することは可能な病気です。

詳細を確認する...

イソフラボンだけではない

働きを良くする食材

女性

エストロゲンの働きを補ってくれる栄養素として大豆に含まれるイソフラボンがよく知られていたりしますが、大豆以外でもエストロゲンの働きを良くしてくれるものや増やしていくものはいろいろとあります。たとえば、卵はエストロゲンを増やしていくためのコレステロールが豊富に含まれているので、1日に卵を1個食べるだけでも違ってくるといわれています。そのほかゴマにもエストロゲンの働きを高めてくれる効果がありまして摂取することで同時に鉄分も体に吸収することができますが、もし食べるのであれば摩り下ろしたゴマペーストのほうが栄養素は摂取しやすいといわれています。ゴマの殻が固く、そのまま食べてもその殻が栄養素の吸収の邪魔をするそうです。そのほかにもきくらげや黒豆やプルーンでも摂取できるといわれています。

アロマセラピーで良い効果

そして食材以外にもエストロゲンを増やしたり働きをよくする方法があります。それはアロマセラピーです。アロマセラピーはリラックス効果や寝つきを良くする効果などで利用する人が多く、今でもアロマオイルやアロマキャンドルなどでアロマセラピーを楽しむ人はいます。ハンカチにつけて香りを楽しんだりアロマポットで部屋に香りを広げたりお風呂に3滴ほど入れて楽しんだりするなど、そのアロマセラピーで嗅覚を刺激することでエストロゲンの働きを良くしてくれるといわれています。リラックス効果や睡眠を誘う効果だけでなく、女性ホルモンであるエストロゲンの働きまで良くしてくれるアロマセラピーは、自分の好みの香りを選んで楽しむだけで体に良い効果を引き出してくれることが分かります。