ハードディスク

サーバーとその利用

レンタルサーバーでは、サーバー領域を借りるサービスと、自前のサーバーを格納する場所をレンタルするサービスの大きく2種類ある。通常は前者のサービス利用がほとんどであり、必要や領域のみを借りてWEBサイトの運営などができる。

詳しく見る

固定電話

故障時も丁寧な応対です

オフィスなどの企業では、電話は欠かせない必需品になっています。店舗や事務所の移転や増築などで、電話工事を依頼したい人は東京の専門業者を利用すると便利です。施工後のアフターサービスも丁寧なので、故障をした時も安心です。

詳しく見る

パソコン

格安でパソコンを購入

0円パソコンには仕組みがあり、お客様側と店舗側それぞれにメリットがあります。選べるパソコンは3種類あり、それぞれスペックが微妙に違うので購入前に一度確認することをおすすめします。また契約期間にも注意が必要で、途中解約すると解約金を請求される場合があります。

詳しく見る

HDD

サーバーを使って出来る事

ネット環境があれば誰でもホームページを作れますが、回線業者のスペースは限られています。レンタルサーバーを利用すれば容量が大きいので色々なことができます。ブログの開設もできますし、ネットショップを起ち上げることもできます。仲間内のためのコミュニティサイトも作れますし、自作アプリを世界に公開できます。

詳しく見る

固定電話

信頼できる業者を選ぶべき

携帯電話が普及した昨今でも、固定電話は会社としての信用を増すのに役立ちます。東京で電話工事をするときは、販売店に尋ねたり、ネットで調べたりするときは資格の有無、費用、説明の丁寧さ、アフターフォローの有無を確認しましょう。

詳しく見る

カラクリを知っておこう

PC

契約を確認する事

0円パソコンのカラクリは、契約料金にパソコン代を上乗せしてる事です。例えばインターネットの契約をする時に、回線料金が1000円だったとします。もし0円パソコン付きなどがなければ、この値段で契約できます。しかし、0円パソコン付きだと回線料金にプラスして1000円上乗せし、パソコン込みで月額2000円となります。そして契約は2年縛りとなると、パソコン代金の月額1000円を24ヶ月払う事になります。すると、合計で2万4000円がパソコン代となるのです。言わば、0円パソコンは2年使えば実質無料と言えるのです。また、契約なので途中解約すると違約金がかかる、パソコン代金を残りの月数分払わなきゃいけないなど言われます。この時に初めて0円パソコンのカラクリに気付くのです。つまり、パソコン代が0円ではなく、パソコン代を分割で払ってるだけです。また、回線を契約するとパソコンをプレゼントというのもあります。回線料金にパソコン代を上乗せしないで、パソコンは契約特典となります。この場合の0円パソコンは、新品ではなくリフレッシュ品(中古でも前ユーザーのデータを消去し、使えるようにしたもの)だったり、新品のパソコンでもハードウエアが挿入できないなどのスペックが簡単な物が多いです。0円パソコン付きで回線契約するなら、どんな契約なのか、なぜパソコンが無料で付いてくるのか、どんなパソコンなのかを販売者にしっかりと確認しましょう。